大人の発達障害について


「医療法人和楽会」様Webサイトから抜粋

医療法人和楽会はパニック症(パニック障害)・非定型うつ病・社交不安症(社交不安障害) などの不安・抑うつ症状の治療を手掛ける心療内科・精神科 専門医療機関です。


大人の発達障害とは?

発達障害とは、原因は心ではなく、脳機能の偏りにあるといわれています。
家庭環境や親の養育、本人の性格ではありません。 成人になるまで、発達障害と診断されなかった方では、一般にその特性の程度が軽いことや、それを補う能力を持っていること、周囲からサポートが良好であったこと、適性の合った進路を選択された方などが多いのでないかと思われます。 ちょっと個性の強い方、ちょっと変わった方と思われていることはありますが、特に学生時代には大きな問題とならないことは多いようです。 それが、大学・専門学校に進学する、社会人になる、仕事の量が増える、人との交流が必要になる、会社等の中で責任を持つ立場になるなど環境が変わり、困難を抱え、二次障害として不安・抑うつや身体症状が出現し、苦悩され、辛い状態となることがあります。


大人の発達障害の主な症状

自閉スペクトラム症(ASD) 

  • 人の顔(目を)見て話すのが苦手。  
  • 「相手の気持ちを察する」ことが難しい。 
  • 集団行動が苦手で無理に合わせると苦しくなる。 
  • 雑談では何を話してよいかわからなくなる。 
  • 数名の集団での会話では話についていけなくなる。
  • 話に入っていけない。 
  • 音や光、人に触れることに過敏。 
  • 「空気を読む」ということができない。よくわからない。 
  • 周りの人が普通にやっていることが、自分はなぜかできない。


注意欠如・多動症(ADHD)

  • 一つの作業をやっていても他の作業が気になるとそっちを始めてしまい結局全部中途半端になってしまう。 
  • 片づけるのが苦手。 
  • 物音や話し声がするとすぐに集中が切れる、注意がそれる。 
  • ゲームやネットに夢中になるとやめられなくなって気がついたら深夜や朝方になっている。 
  • 「まとめて」「簡潔に」話すのが苦手 メールの文章が長くなる。
  • 段落をつけることができない。 
  • 話の要点がわからない、まとめられない。


限局性学習症(SLD)

  • 計算が苦手で会計のときに戸惑う。
  • 数字の桁が増えてくるとわからなくなる。 
  • 読むこと、もしくは書くことが苦手。


主な発達障害の治療薬

抗うつ薬

  • 主に神経間のセロトニンなどのモノアミンの濃度を上げます。 
  • 抗うつ作用(落ち込みを和らげる)、抗不安作用(不安を和らげる)、こだわりや強迫症状を改善するなどの効果が期待できます。 
  • SSRI(ルボックス、デプロメール、パキシル、ジェイゾロフト、レクサプロ)、SNRI(サインバルタ、トレドミン、イフェクサー)、NaSSA(リフレックス)など

抗精神病薬

  • 主にドーパミン受容体をブロックし、ドーパミンの作用を弱めます。 
  • 興奮・易怒性などの改善にも効果が期待できます。
  •  SDA(リスパダール、ロナセン、ルーラン)、MARTA(ジプレキサ、セロクエル)、DSS(エビリファイ)など

気分安定薬

  • 主に双極性障害(躁うつ病)の治療に用いられます。 
  • 躁状態(興奮、気分高揚、易怒性)などを改善したり、気分の波を抑える効果が期待できます。感覚過敏に対して用いられることもあります。

ADHDの代表的な治療薬は、『ストラテラ(アトモキセチン塩酸塩)』『コンサータ(メチルフェニデート塩酸塩)』です。


ストラテラ(非中枢神経刺激薬)

脳の神経には直接作用せず、ノルアドレナリン伝達物質の再取込み口(トランスポーター)の働きを邪魔します。
その結果、ドーパミンの量を増やすことができます。
一般薬扱いで、どの医師でも処方ができます。


コンサータ(中枢神経刺激薬)

  • 脳の神経に直接作用し、神経細胞にあるトランスポーターの働きを抑え、ドーパミンなどの再取り込みを直接防ぎます。
  • 日本では、認定を受けた医師しか処方ができない薬です。 

※ADHDは、放出されたドーパミン等が過剰に「再取り込み」をされることで、神経伝達に支障が出ていると考えられています。

ADHD(注意欠如・多動症) セルフチェック

うつ病/非定型うつ病セルフチェック

パニック症 セルフチェック

社会不安症 セルフチェック


以上、上記の内容は、【医療法人和楽会】様のWebサイトより抜粋したものです。
正式な内容は、https://fuanclinic.com/ をご覧ください。


高橋整体院 高橋総合健康センター

御縁を下さった方に生涯にわたり、最大の応援をさせていただきます。 全員の体液の流れを整え、脳内ホルモンをくまなく必要箇所に届くようにすることで、腰痛肩こり生理痛などの痛みコリは当然、妊活、骨盤調整はもとより、発達障害、自律神経失調症など脳に関する不調までサポートできるようになりました。