小脳について

小脳は、

脳を背側から見たときに大脳の尾側に位置し、 

外観がカリフラワー状をし、 

脳幹の後ろの方からコブのように張り出した小さな器官である。 


脳幹と小脳の間には第四脳室が存在する。 

小脳の重さは、成人で120〜140グラムで、脳全体の重さの10%強をしめる。 


大脳の10分の1しかないのに、大脳よりもはるかに多くの神経細胞がある。 


脳の神経細胞の大部分は、小脳にあり、 その数は1000億個以上である。  


小脳の主要な機能は知覚と運動機能の統合であり、

平衡・筋緊張・随意筋運動の調節などを司る。


このため、小脳が損傷を受けると、 
運動や平衡感覚に異常をきたし、 
精密な運動ができなくなったり 
酒に酔っているようなふらふらとした歩行となることがある。 

ウィキペディアより抜粋

高橋整体院 高橋総合健康センター

御縁を下さった方に生涯にわたり、最大の応援をさせていただきます。 全員の体液の流れを整え、脳内ホルモンをくまなく必要箇所に届くようにすることで、腰痛肩こり生理痛などの痛みコリは当然、妊活、骨盤調整はもとより、発達障害、自律神経失調症など脳に関する不調までサポートできるようになりました。