腰痛、ぎっくり腰、腰椎椎間板ヘルニアについて

腰痛

腰の痛みには、慢性の腰痛と急性の腰痛があります。 

急性の腰痛とは、俗に言われる「ギックリ腰」というものです。

「魔女の一撃」とも言われ、ギクッとして、一瞬動けなくなります。 

何を隠そう私も何度か経験しています。 

一番酷かったのが、3メートルも離れていないトイレに行くのに15分くらいかかったときのことです。
あの苦しさは、忘れようがありません。 

それが元で、整体の世界に入ったとも言えます。 

初めて腰を痛めたときは、近く整骨院(自宅から自動車で10分くらいの距離)でお世話になりました。

何回通ったでしょうか?  

最初は、2回、3回位です。  

でも、腰痛をするたびに、だんだんと通院回数が増えていき、だんだん痛みが引くまでに日数がかかるようになっていきました。 

そこで、腕の良い鍼灸をしている医院があるのでそこに行きました。

とても腕が良いという評判でした。 

自動車で20分くらいかかるところです。  

でも、全然、痛みが取れませんでしたので、1回で止めました。


翌日は、整形外科に行きました。

自動車で30分くらいかかるところです。 

痛み止めの注射をしてもらい1回で痛みが消えました。 

その時は、「凄い!」と思いました。

腰の牽引もしました。 

4回目のギックリ腰の時は、最初からその整形外科に行きました。  

痛み止めの注射をしてもらい、腰の牽引をしましたが、前回ほど痛みが引きませんでした。

自動車で帰るときにじわじわと痛み出したのを覚えています。


翌日も、その整形外科へ行き、注射と牽引。 

牽引しているときに腰の力を抜いてみました。 

今まで牽引されるときに腰に力を入れているからだと思い、腰の牽引時に腰の力を抜いたら、逆に痛くなってきました。 

帰るときは、余計に痛みが強くなってしまいました。

大失敗でした。 

今考えると、牽引されるときに力を入れて、解放されるときに力を抜くことで、収縮解放で血液が流れて、痛みが軽減する仕組みなのだと理解しています。

急性の痛みに使って良いのか疑問です。


これでは、痛みが酷くなるのでは・・・。不安になり、その時に、整体院があることを思い出しました。 

自動車で20分弱の所です。

もう、30年以上前のお話ですから、整体院というものが珍しい時代でした。 

なんとなく妖しい雰囲気、民家に看板。

もう、痛くてしかたがないので飛び込みました。

ピンポンを鳴らしたら、女性がドアを開けてくれました。

「今日は、休みです。」 ガクッとしました。

若かった私、気の弱い私。

勇気を出してピンポンしたのに・・・

痛いのに・・・

そう思っていたら、「ちょっと待って下さいね。聞いてみますね。」 お優しいお答え。 

「今、来るそうです。どうぞ、入って下さい。」

安堵しました。 

施術する部屋に通されしばらくすると怖そうな先生。

話すと優しくて、安心して受けられました。

畳の上にマット1枚。 

そこに寝て、パキッ。

痛みが一瞬で取れました。 

もう、ビックリでした。

凄い!!

これが、整体なんだと。

感激でした。


その翌日、もう一度見てもらい、全身の調整をしてもらい腰痛から解放されました。

その整体の先生に師事し、今の私があります。


今の私は、パキッと音を立てる整体はしていません。

30年以上の歳月の間に色々な手法を勉強させて頂きました。

時には、毎月、大阪までたしか2年くらいカイロプラクティックを教えてもらいに通ったこともあります。


今は、気功ではなく、「宇宙エネルギー」を利用することで、今まで以上に早く健康体に導くことができるようになりました。

ギックリ腰であれば、以前は、数回通っていただいたのですが、今では1回~3回程度で健康体に戻っていただけるようになりました。 

ギックリ腰、慢性の腰痛も、症状は異なりますが、そのほとんどが足に原因があります。

足裏のアーチ(土踏まずなど3つのアーチがあります)機能を回復させると、腰回りの筋肉まで緩み、痛みが減少していきます。

足首に緊張があるときは、それを緩めると痛みが減少します。

ふくらはぎ、すねの筋肉に緊張があるときは、それを緩めると腰痛が減少します。

大腿部の筋肉に緊張があるときは、それを緩めると腰痛が減少します。

この辺まで来ると、慢性の腰痛、急性、ギックリ腰も9割方の痛みが減少します。

後は首回りの調整、背中の起立筋の調整、お尻、殿筋の調整、腰回り、腹部の筋肉の調整をするとほとんどの痛みが良楽になって行きます。


私たちは、地球上で重力に逆らって立っています。  

その接地面は、足の裏で、足の裏は、2本足でバランス良く、疲労を起こさないような構造になっています。

裸足で生活できれば問題ないのですが、私たちは履き物を利用します。

その履き物によってアンバランスをつくり、身体全体の筋肉に負担をかけ続けるようになります。

それが、疲労として積み重なって、限界に来たときに、ギックリ腰。

慢性化したときに、慢性腰痛となります。

足裏から、頭部までの身体全体のバランスが保てるように調整し、いつも、バランスを取れる取れる生活をすることで慢性化を防ぐことができます。


「ギックリ腰は、癖になる」と言う方がいらっしゃいますが、それは、ギックリ腰になる生活をしているからです。 

ちょっと、気をつけることで腰痛をしない身体を作ることができます。

ギックリ腰、椎間板ヘルニア、慢性腰痛になる前に健康体を維持できるようにしましょう。


そうそう、椎間板ヘルニアも余程のことが無い限り、神経は、椎間板のヘルニア部を避けますのでそれが原因となることは少ないようです。 

その証拠に、椎間板ヘルニアという方でも、上記の方法で痛みが減少している方が多いですから。


追記.2020年9月3日

30年以上かけて、整体を習得し、知識・技術を積み上げてきました。それを遙かに超える【ニューロン整体】を開発しました。

【ニューロン整体】は、

小脳を成長・活性化し、脳内ホルモン(神経伝達物質)のエンドルフィン、オキシトシンなどを産出し、体内の必要箇所に早く届けられるようにすることを目的とした整体です。

【ニューロン整体】を利用することで、足裏などの患部を触らずに機能が回復してくれます。

そう、今まで以上にソフトな整体技術なのです。

肉体面だけで無く、精神面も同時に変化していくことが多々あります。

脳内ホルモンの調整ができることでそのような変化が現れると考えています。

小脳を調整すること、宇宙エネルギーを活用することで更にレベルアップすることができました。

高橋整体院 高橋総合健康センター

御縁を下さった方に生涯にわたり、最大の応援をさせていただきます。 全員の体液の流れを整え、脳内ホルモンをくまなく必要箇所に届くようにすることで、腰痛肩こり生理痛などの痛みコリは当然、妊活、骨盤調整はもとより、発達障害、自律神経失調症など脳に関する不調までサポートできるようになりました。