間脳の働きについて

間脳 の 主な役割 ( 機能 ) 

間脳 (視床、視床下部、松果体、脳下垂体)

視床

全身の感覚、視覚、聴覚などの感覚入力知覚刺激情報を認識し、大脳皮質、 大脳基底核に伝達。  

視床下部

自律神経系の中枢で調節・中継の部位と本能を司る。
体温調節、
抗利尿ホルモン、
血圧、
心拍数、
摂食行動
飲水行動、
性行動、
睡眠、
子宮筋収縮、
乳腺(にゅうせん)分泌
などの本能行動、
及び怒りや不安などの 情動行動(大脳新皮質と辺縁系皮質)の調節。
また、内分泌(ホルモン)系の中枢も担っています。

松果体

概日リズムを調節するホルモン、メラトニンを分泌。 

脳下垂体

内分泌器官で数多くのホルモンを分泌。
効率よく血流に乗って全身に運ばれる。


間脳(かんのう)は、

視床、視床上部、視床下部、視床後部、脳下垂体に区別され自律神経の働きを調節、意識・神経活動の中枢をなしています。 

視床は、

嗅覚(きゅうかく)系以外の感覚神経が大脳皮質の感覚中枢に到達する中継場所です。  

視床下部は、

内臓の働きや内分泌の働きを支配し、生命現象を司る自律神経系の中枢として知られています。
感情や情動の活動と密接な関係があり、大脳皮質全域(大脳皮質と辺縁系皮質)の調整の中枢です。 また、抗利尿ホルモンや、子宮筋収縮および乳腺分泌を促す筋上皮細胞収縮のホルモンなど分泌する神経細胞が存在します。 

視床後部は、

外側漆(がいそくしつ)、状体(視覚中継中枢)で構成されています。

 松果体は、

メラトニンホルモン(下等動物からヒトまで、季節のリズムや概日リズム(サーカディアンリズム)の調節作用)を分泌。 

 脳下垂体は、

数多くのホルモンを分泌。 

外側漆状体(視覚中継中枢)は、

網膜からの視覚情報を受け取り後頭葉の一次視覚野へ中継しています。  

内側漆状体(聴覚中継中枢)は、

聴覚情報を側頭葉の聴覚野へ出力しています。 

高橋整体院 高橋総合健康センター

御縁を下さった方に生涯にわたり、最大の応援をさせていただきます。 全員の体液の流れを整え、脳内ホルモンをくまなく必要箇所に届くようにすることで、腰痛肩こり生理痛などの痛みコリは当然、妊活、骨盤調整はもとより、発達障害、自律神経失調症など脳に関する不調までサポートできるようになりました。