脳内ホルモン(神経伝達物質)エンドルフィンについて

エンドルフィンとは(ウィキペディアより)

エンドルフィン(endorphin)は、脳内で機能する神経伝達物質のひとつである。内在性オピオイドであり、モルヒネ同様の作用を示す。
特に、脳内の「報酬系」に多く分布する。
内在性鎮痛系にかかわり、また多幸感をもたらすと考えられている。
そのため脳内麻薬と呼ばれることもある。
マラソンなどで長時間走り続けると気分が高揚してくる作用「ランナーズハイ」は、エンドルフィンの分泌によるものとの説がある。
食欲、睡眠欲、生存欲、本能などが満足すると分泌される。


「エンドルフィン」とは

脳内で作り出される神経伝達物質であり、

それが多く体内で作り出されると、

わたしたちはモルヒネ同様の多幸感を抱くことができます。


【ニューロン整体】では、

このエンドルフィンを出しやすくして、健康な体、健康な心造りを目的としています。


高橋整体院 高橋総合健康センター

御縁を下さった方に生涯にわたり、最大の応援をさせていただきます。 全員の体液の流れを整え、脳内ホルモンをくまなく必要箇所に届くようにすることで、腰痛肩こり生理痛などの痛みコリは当然、妊活、骨盤調整はもとより、発達障害、自律神経失調症など脳に関する不調までサポートできるようになりました。