自律神経失調症の一つのサイン まぶたの細かい痙攣について

自律神経に以上があるときの一つのサインとして、両のまぶたが細かい痙攣を起こしている場合があります。


自律神経のバランスが整い、お体の不調が改善してくるとまぶたの震えが止まります。


施術は、

頸椎の調整
胸椎の調整
骨盤の調整
足指の調整
全身の筋肉バランスの調整
脳へのエネルギー調整
で、まぶたの震えがなくなりました。

さらに、お顔のお肌の状態が若返りました。

高橋整体院 高橋総合健康センター

御縁を下さった方に生涯にわたり、最大の応援をさせていただきます。 全員の体液の流れを整え、脳内ホルモンをくまなく必要箇所に届くようにすることで、腰痛肩こり生理痛などの痛みコリは当然、妊活、骨盤調整はもとより、発達障害、自律神経失調症など脳に関する不調までサポートできるようになりました。