頸椎のヘルニアの手術をする前に

 頸椎ヘルニアについての説明は、 日本整形外科学会のサイトをご覧ください。 https://www.joa.or.jp/public/sick/condition/spinal_disc_herniation.html


頸椎の椎間板が飛び出して、頸部の脊髄神経に触れて症状が出るというものです。 


当院に頸椎の椎間板ヘルニアで来院された方で、

MRI検査で確かに椎間板ヘルニアが認められるので手術をしないといけないと言われたが、

手術をしたくないと言うことで来院されました。


数回の施術で手の痛み、痺れが減っていき、症状がなくなった後に

もう一度MRI検査をしてもらったそうです。
その時は、ヘルニア部が小さくなっているが残っていたそうです。  


この方の場合だと、1回目の施術で症状が緩和しているので頸椎椎間板ヘルニアであっても症状とは関係が無いか、あったとしても、小さいものと考えられます。

その後、数ヶ月してから、再度、MRIを撮ってもらったらヘルニアがなくなっていたそうです。 


これは、ヘルニアになる原因がなくなったのでヘルニアの存在が不要になったためだと考えます。

これから考えられることは、頸椎椎間板ヘルニアで症状が出ているというよりは、頸部の筋肉が本来の働きをするようにして上げることで健康な状態に戻れると言うことです。


ただし、頸部の筋肉が本来の状態に戻るためには、頸部だけを調整しても駄目で、足下、足の指、足首、膝、股関節、骨盤、脊椎、そして、全身の筋肉がバランスを保てる状態にすることで、血流も、神経の働きも健康な状態に戻れると言うことだと当院では考えています。 

高橋整体院 高橋総合健康センター

御縁を下さった方に生涯にわたり、最大の応援をさせていただきます。 全員の体液の流れを整え、脳内ホルモンをくまなく必要箇所に届くようにすることで、腰痛肩こり生理痛などの痛みコリは当然、妊活、骨盤調整はもとより、発達障害、自律神経失調症など脳に関する不調までサポートできるようになりました。