そのお薬は本当に必要ですか? 自殺へ向かっていませんか?


石川先生のブログのご紹介です。

安易に薬で治そうとしていたら、大変なことに・・・

以下、石川先生のfbのコピーです。


クリニック光のいずみ院長、自然療法医の石川眞樹夫です。 32歳で開業医としての仕事を開始してから、私は精神科も標榜して仕事を続けてきました。この15年ほどの間、特に大都市圏で雨後の竹の子のように増えている駅前メンタルクリニックが成立している背景には、本来抗うつ薬や抗精神病薬を飲む必要のない人々が、いわゆる「薬漬け」にされている現実があります。アメリカでスタートして、日本でも同じように行われ続けて来た、抗うつ薬のマーケッティングを見てみましょう。

高橋整体院 高橋総合健康センター

御縁を下さった方に生涯にわたり、最大の応援をさせていただきます。 全員の体液の流れを整え、脳内ホルモンをくまなく必要箇所に届くようにすることで、腰痛肩こり生理痛などの痛みコリは当然、妊活、骨盤調整はもとより、発達障害、自律神経失調症など脳に関する不調までサポートできるようになりました。