頭痛・顎関節痛は左足中指が原因?!

中学生 女子

頭痛が酷くて、頭痛薬を飲みたくないけれど、飲んだとのこと。


小学生時代から顎関節症で顎の痛みがあり、今回頭痛と一緒に出てきたとのこと。

口を開けてもらうと、指2本が入る程度しか空けられない。


病院に行こうと悩んだが、まず、こちらに来たとのこと。


顎の開閉は、左足中指の血流が悪いのが主な原因でした。

この指を軽くほぐしたところ、顎の痛みが消えて、大きく開けられるようになりました。


頭痛は、首、肩の筋肉が固くなっている緊張性のようでした。

また、起立筋、左腰の筋肉が固く張っていました。

この緊張をとり、頸部の筋肉調整をしたところ、頭痛が出なくなり、スッキリしたとのことでした。


これで、しばらく様子を見てもらうことにしました。

笑顔を見ることが出来てよかったです。


注).この症例は、この子の場合のものであり全員の同様の効果が出るという保証はありません。

高橋整体院 高橋総合健康センター

御縁を下さった方に生涯にわたり、最大の応援をさせていただきます。 全員の体液の流れを整え、脳内ホルモンをくまなく必要箇所に届くようにすることで、腰痛肩こり生理痛などの痛みコリは当然、妊活、骨盤調整はもとより、発達障害、自律神経失調症など脳に関する不調までサポートできるようになりました。