足のむくみの起こる原因とむくみ解消法

【足のむくみ】は、どうして起こるの?

「朝は、むくみがないけれど、夕方になってくるとむくむんです」

「昔は、むくみはなかったけれど、最近、冷えるし、むくむようになったのです」

「朝、起きたときにむくみがあって、日中は、少し良くなるけど、帰宅する頃には凄くむくむんです」


「足のむくみ」は、どうして起こるかご存じですか?


・腎臓機能低下によるむくみ

足だけでなく、顔や手、全身にむくみが出てきます。

体重も、2~3kg増加してきます。

尿量が低下し、顔にもむくみが出てきたら早めに医師に相談してください。

その後、私の方にご相談ください。エネルギーの調整でむくみがなくなることもあります。


・月経前症候群PMS(Premenstrual syndrome)によるむくみ

婦人科系の症状は、骨盤周辺に歪みや仙腸関節などの関節の動きが制限されて起こる場合があります。

また、頸椎の歪み、頸部筋肉靱帯の緊張による迷走神経が機能低下した場合もあります。

自律神経のバランスが不調になってむくむ場合もあります。


・下半身の筋肉の緊張によるむくみ

特にふくらはぎの筋肉が緊張することで、使い終わった血液が心臓に戻りにくくなるために膝下のむくみが出やすくなります。

この場合、足首の関節に異常が見られます。

さらに、足指の関節の動きが悪く、足指の筋肉が固くなっています。

むくみで悩まれている方のほとんどが、この下半身の筋肉、特にふくらはぎの筋肉が固くなっていることが多いようです。

「むくみ解消法」

この場合は、暖めたり、もんだりする対処療法よりも、足指を良くもんで、赤ちゃんの足指のように柔らかくほぐしてください。

それにより、足首の動きが良くなります。

そうすると、ふくらはぎの筋肉も柔らかくなり、大腿部、背中、肩、首、全身の筋肉が緩み始めます。

1週間、続けてみてください。

むくみが減少していることが分かると思います。

最初は、痛いかもしれませんが、徐々に痛みも出なくなります。


ご不明な点があれば、ご連絡ください。

高橋整体院 高橋総合健康センター

御縁を下さった方に生涯にわたり、最大の応援をさせていただきます。 全員の体液の流れを整え、脳内ホルモンをくまなく必要箇所に届くようにすることで、腰痛肩こり生理痛などの痛みコリは当然、妊活、骨盤調整はもとより、発達障害、自律神経失調症など脳に関する不調までサポートできるようになりました。