腰の骨で音が出る。肩甲骨を回すと音が出る。

20代男性

痛みはないのだが、腹筋のトレーニングをするときに腰の骨がコキン、コキンと音が出るので心配で来院したとのこと。

あと、両腕を動かして、肩甲骨を動かすと、ゴリゴリと音が出る。右側の方が大きい音が出るとのこと。

この現象は、

腰の音は、腰椎3番の動きが悪くなっていること、骨盤周辺の筋群に固い部分が出来てしまっていること、そして、左足首に異常があり、これらの現象を引き起こしています。

肩の音は、肩甲骨の動きが制限されているため、両肩が前に出ていること、肩周辺の筋肉に固さが表れていました。

脊柱起立筋、背骨の両側の筋肉もかなり固くなっていました。

足首の調整をすることで、下半身のパワーが上がり、骨盤の背腸関節、股関節の調整で腰の音が軽減しました。

肩の音は、前に出ている肩の調整で肩甲骨が動き出し、音がなくなりました。

大腿部の内側の筋にが緊張しているのでこれも原因のようで、緩めることで前屈の柔軟性が回復し、腹筋運動をしてもらとほとんど気にならないくらいの音になりました。

この後、様子を見てもらい気になるようなら、再度、来院していただくようにしました。

筋力トレーニングも不調を抱えて、バランスの崩れた状態で筋力をつけても、健康的な筋力造りが出来ないと考えます。

常に、体のバランスを維持しつつ、金利区トレーニングをしていただきたいです。

*この症例は、この方の場合なので他の方も同様になるとは限りません。

高橋整体院 高橋総合健康センター

御縁を下さった方に生涯にわたり、最大の応援をさせていただきます。 全員の体液の流れを整え、脳内ホルモンをくまなく必要箇所に届くようにすることで、腰痛肩こり生理痛などの痛みコリは当然、妊活、骨盤調整はもとより、発達障害、自律神経失調症など脳に関する不調までサポートできるようになりました。