ビタミンD不足による、うつ症状、痛み、炎症性腸疾患、乳ガン


女性には特に必要みたいですね。
乳がん、骨粗鬆症、うつ病などの予防に必要ですね。
食事内容を見直してみると良いようです。


ビタミンDは、ヒトの遺伝子の10パーセントに関わりがある。

ビタミンD不足は、今や世界中に蔓延しており、様々な病状の原因となっている。

ビタミンDに関する論文の数は33800を越える。

ビタミンDがもたらす心身への効果が大きいことを膨大な数の研究が物語っている。 

最新の研究では、ビタミンDの体内濃度と炎症性腸疾患の関連性が指摘されている。 

ビタミンDの補充により、女性の糖尿病患者において、うつ症状や痛みが軽減することがわかった。
膵臓ガン、肺ガン、卵巣ガン、乳ガン、前立腺ガン、皮膚ガンなど、様々なガンに対するビタミンDの予防効果を示す多くの研究報告が存在する。

ビタミンDの多い食品

キクラゲ、干し椎茸、しらす干し、いわし、すじこ、いくら等

高橋整体院 高橋総合健康センター

御縁を下さった方に生涯にわたり、最大の応援をさせていただきます。 全員の体液の流れを整え、脳内ホルモンをくまなく必要箇所に届くようにすることで、腰痛肩こり生理痛などの痛みコリは当然、妊活、骨盤調整はもとより、発達障害、自律神経失調症など脳に関する不調までサポートできるようになりました。