側湾症は治るの?

日本側彎症学会のサイト http://www.sokuwan.jp/patient/disease/ 

側湾症とは、どんな病気なのか、詳しく掲載されています。


側湾症の種類

機能性側弯 

A 機能性側弯(一時的な側弯状態) 何らかの原因により一時的に生じた側弯です。椎間板ヘルニアなどに伴う痛みによるものもあります。  

B 構築性側弯(本当の意味での側弯症) 脊椎のねじれ(回旋)を伴った側弯であり、簡単にまっすぐに戻らなくなった状態です。

1.特発性側弯症 特発性とは、原因がわからないこと、を意味し、側弯症のうち80-85%を占めます。 年齢による分類 

①乳幼児期側弯症:3歳以下で発症し、男児に多いです。 

②学童期側弯症:4~9歳に発症し、進行する例が多く見られます。 

③思春期側弯症:10歳以降に発症し、多くは女子です。 

2.原因である病気がわかっている側弯症

①先天性側弯症:椎骨に生まれつきの形の異常があるために発症する側弯症です(イメージ1)。 

②神経・筋原性側弯症:様々な神経や筋肉の病気が原因で発症する側弯症で、脊髄空洞症、脳性麻痺、筋ジストロフィーが代表的な病気です。 

③神経線維腫症による側弯症:レックリングハウゼン病ともよばれ、特有な色素斑、皮膚腫瘍、などにより診断されます。 

④間葉系疾患による側弯症:血管や結合組織の生まれつきの病気による側弯症で、マルファン症候群が代表的な病気です。 

⑤その他の側弯症:放射線治療、やけどなどによるケロイド、骨系統疾患、感染、代謝疾患、脊椎の腫瘍などによっても側弯症が起こります。

http://www.sokuwan.jp/patient/disease/cause.html より抜粋


当院に来院される前に

整形外科でどのような側湾症なのかを診断してもらってください。

病気による側湾症でも改善する可能性があります。完治するとお約束はできませんが、【超時空エネルギーヒーリング】などを利用することで期待はゼロではないと考えています。

側湾症の多くは、

  • 足裏のアーチ機能が働かなくなりバランスを壊している
  • 下半身の血量不足に筋力低下
  • 骨盤の歪み
  • 腰椎、胸椎、頸椎のゆがみ
  • 肋骨の動きが不調(呼気減少で確認可能)
  • 上腕、前腕の関節、筋バランスの不調による体感筋バランス変調
  • 内臓機能低下による腹圧の変調
  • 心意的な不調により全身バランスの変調
  • 心と体のアンバランス
  • 等々

一概に側湾症だからと言って原因が一つと言うことはありません。複数の原因が絡み合って側湾症という症状が現れることが多いです。

1回の施術で完治することはごく稀です。複数回の施術と、本人、ご両親の改善への意識が必要となります。

生活環境

履き物、座り方、生活リズム、ストレス(自宅、学校、先生、友人関係等の心の問題)、食生活などの状態で安心が得られる環境に改善する必要な場合があります。

心の問題

大人が「とっても良い子」だと思っている子に脊柱側湾症が発症する場合があります。内面に無意識のうちに我慢を強いられている場合、脊柱を歪める場合もあります。

子供の自主性が抑えられていないかをよく観察してください。

食生活

基本的にビタミン、ミネラル、アミノ酸がバランス良く摂取出来ていること。

糖質はゼロでも良いのですが、パン食であったり、乳製品、清涼飲料水(甘みのあるもの)などで取り過ぎになって血流の不調、モルモンバランスの不調、自律神経の不調、腸内細菌のアンバランスなどの不調を起こしていることが問題となる場合もあります。

また、腸内細菌のアンバランスなどで体の不調を起こしますので腸内細菌バランスを整えられる食事に注意をしてください。

運動

足指の利用が出来ていない場合がほとんどです。現代は、裸足で地面を歩行したりすることが不可能な状態になっていて、履き物も足裏のアーチ機能を使用出来ないものが多くあります。その為に、足指を使用しない状態になり、ハンマートゥ、外反母趾、内反小趾、扁平足などになり足裏機能が低下することで、体のバランスがとりにくい状態になっています。そうすると、全身の筋バランスが壊れ歪みが出来上がります。

足裏の機能低下により、全身の筋バランスが不調になり歪みを誘発します。

姿勢

立ち姿勢、座位姿勢で筋肉に負担をかけない状態が作れなくなっています。筋肉がフリーの状態になるような姿勢が取れていないために、筋肉に負担がかかり体を歪める状態になります。

脊柱側湾症が継続する弊害

脊柱が歪むことで肺の機能が低下、酸素の体内吸収量が減少し、全身、脳の酸素供給量不足で

  • 集中力低下
  • 自律神経アンバランス
  • 耐久力低下
  • 瞬発力低下
  • 内臓機能低下

等々が起こりやすくなります。

脊柱が歪むと言うことは、腹圧も変化することなので、内臓にも少なからず影響が出ます。胃下垂、便秘、消化不良、婦人科系などの疾患、生理痛、頭痛など、各臓器の疾患を誘発する可能性が高くなります。

学力低下、運動能力低下、お顔の変形などあらゆる所に問題が出てくる可能性が高くなります。

側湾症と他の症状

脊柱側湾症で来院された方が自覚されていた症状は、

顎関節症、頭痛、生理痛、肩こり、仮性近視、腰痛、股関節痛、首の動きが悪い、手のしびれ、腕の上がりが悪い、便秘、背の痛み、パニック障害、アトピー、上げ指、ハンマートゥ、外反母趾、内反小趾、花粉症、顔の歪み、等々

小学、中学のときに脊柱側湾症と診断され、20代、30代になり不調が大きくなったという方が多く見られます。

当院での脊柱側湾症へのアプローチ方法

体のバランス調整、歪みの矯正

体のバランスを維持出来るようにします。施術だけではなく、ご自身で毎日実行して頂くことがあります。

生活環境で変える必要があるものはできるだけ変えて頂きます。

食事などで変えられるものは変えて頂きます。

心の不調を整えます。ご自身で整える方法をお伝えし、今後の不調も直ぐに整えられるようにします。

等々、お一人お一人、注意して頂くことも異なりますので早期の改善ができるように原因を見つけ、対処出来るようにしています。

脊柱側湾症は、整体だけで完治出来るものではありません。普段の生活で作られたものなので、本人はもちろん、ご家族全員で一緒に取り組んで頂きたいです。



高橋整体院 高橋総合健康センター

御縁を下さった方に生涯にわたり、最大の応援をさせていただきます。 全員の体液の流れを整え、脳内ホルモンをくまなく必要箇所に届くようにすることで、腰痛肩こり生理痛などの痛みコリは当然、妊活、骨盤調整はもとより、発達障害、自律神経失調症など脳に関する不調までサポートできるようになりました。