つわりのメカニズム


平沼 載彦様のフェイスブックより

https://www.facebook.com/groups/637166059674525/permalink/1935300813194370/


●ツワリの原因

受精卵は子宮に着床すると、妊娠10週目まで猛スピードで人間の形へと成長しまくることになる。

人間は本来「果実食動物」なので、体がアルカリ性になっており、この期間には体がアルカリ性になっていないと、「ツワリ」という現象を引き起こして、母親にアルカリ性不足を訴えることになる。

ツワリは「4週目」から「11週目」までに起こる現象で、決して病気ではない。

映画やドラマで妊娠の兆候としてツワリしているシーンが大量に放映されているので、ほとんどの女性たちは、妊娠したらツワリをするのだろうと思いがちであるが、実は妊婦の中で20%から30%の妊婦は、妊娠してもツワリをしない。たとえツワリをしても、50%以上の妊婦はツワリが経度で、それほど長期間にわたってツワリをしない。ツワリをしまくっているのは、妊婦の中で大体20%以下の妊婦たちである。

なぜ妊婦の中でこのような不平等が起こるかといえば、それはその人の体の内部が酸性状態にあるか、アルカリ性状態にあるか、そこで分かれててしまうからなのである。

①酸性化状態 ツワリの原因はその妊婦の体が酸性状態にあるからなのである。

その妊婦の体がアルカリ性状態であるなら、ツワリは原則として起こらない。その妊婦の体が酸性状態であるからこそ、それを解消してほしいと体がツワリを引き起こすのである。

受精卵の着床から、妊娠10週目までは、非常に重要な細胞分裂が行われているので、この期間に酸性状態だと、染色体異常が起こってしまい、流産するか、赤ちゃんを身体障害者にするしかなくなるからである。 

人間は本来「果実食動物」なので、フルーツや野菜だけを食べているなら、決してツワリは起こらない。しかし、進化の過程で「肉食」を開始したので、どうしても体を酸性化させてしまっているのだ。そのために、妊婦がツワリという代償を支払わざるをえなくなってしまったのだ。 体を酸性化させる食べ物は「肉」外にも、「白米」「白パン」「白砂糖」がある。これらのもは、体を酸化させてしまうのだ。日本人女性にツワリをする女性が多いのは、主食として白米や白パンを食べるからなのである。

「白米」や「白パン」で酸性化している状態で、肉食をしたら、極度なまでに体を酸化させてしまうのだ。

 ②酵素水分不足 体のアルカリ性化は、決して単独では成立していない。

人間がフルーツや野菜を食べるからこそ、それに含まれている「酵素水分」によってアルカリ性化するのだ。この酵素水分は、体をアルカリ性にするだけでなく、羊水を作るのにも重要な役割を果たし、お腹の中の赤ちゃんの細胞分裂では大量に使用されるのだ。そのため、母親の体内で酵素水分が不足すると、ツワリという現象を起こして、酵素水分の補給の必要性を訴えるのだ。

この酵素水分は、女性ホルモンの変動でも使用される。女性は19歳で肉体上の成長が終わるが、その後、女性ホルモンが26歳から33歳の間に大量に分泌され、それ以降は40代後半まで高濃度で女性ホルモンが分泌されることになる。

女性ホルモンが出すぎる時は、女性を女らしい体つきに変えてくれるが、その反面、酵素水分が大量に使用されるのだ。26歳以降、女性にシミやシワが目立ち始めるのは、この時期に酵素水分が大量に使用されてしまうからなのだ。 このため26歳以降は、意識してフルーツや野菜を摂取していないと、深刻な酵素水分に陥り、ツワリが出まくってしまうのだ。

ちなみに、妊娠してもツワリがなかったという女性は、26歳以下の女性が多いし、26歳以降の女性でツワリがなかったという女性は、食事でフルーツや野菜をちゃんと摂取している女性たちなのだ。

③天日塩不足 天日塩は羊水を作るのに欠かせない物質で、この天日塩が不足すると安全な羊水を作れなくなるので、ツワリを引き起こすことで、母親に天日塩不足を教えることになる。

特に酸っぱい物を食べても解消されないツワリや、ツワリ自体が長引く女性は、この天日塩不足と思っていい。 

「化学塩」や「岩塩」は、塩化ナトリウムが99%以上という危険きわまりない塩なので、この塩を摂取していると、羊水を作るのに難儀してしまい、腎臓を痛めてしまうのだ。天日塩には塩化ナトリウムだけでなく、様々なミネラル分が含まれているので、羊水を作り易く、腎臓も活発に機能してくれるのだ。

④葉酸不足 葉酸は遺伝子を作るのに欠かせない物質で、これが不足してしまうと、赤ちゃんは細胞分裂ができなくなり、染色体異常を引き起こして、流産が決定されてしまうのだ。

特に受精卵が子宮に着床してから、妊娠10週目までは、重要な細胞分熱が繰り返されるので、この葉酸を大量に消費することになるのだ。葉酸はフルーツや野菜に多く含まれているので、やはりフルーツや野菜を食べる量が少ないと、どうしてもツワリによってその不足を警告するのだ。

⑤運動不足 妊婦が妊娠前からちゃんと運動していて筋肉があれば、体は或る程度まで妊娠の変化に対応できるので、体が酸性であったとしてもアルカリ性に変化させるのがうまいし、酵素水分や天日塩や葉酸もうまく融通してくるのだ。

しかし、その妊婦が運動不足で、体に筋肉がついていないと、どうしてもその変化に対応できず、ツワリを引き起こしてしまうのだ。 実はツワリの究極の原因は「宿便」にあるのだ。

宿便とは、体内に溜まった老廃物や毒素のことで、これらが溜まっていると、どうしても体が酸性化してしまい、酵素水分や天日塩や葉酸の吸収量も少なくなってしまうのだ。

宿便を排出するためには、宿便排出断食が必要なのだが、さすがにこれを妊娠中にはできないので、せめて日々の排便だけはきちんと行うように心掛けることだ。それだけでもツワリを軽くすることができるのだ。 

 ●ツワリの症状 

 ①「胸のムカツキ」「吐き気」「嘔吐」

ツワリの症状としては、「胸のムカツキ」「吐き気」「嘔吐」がある。

これが典型的なツワリの症状だろう。ツワリにはこういう症状がでても、決してツワリは病気ではないので、妊娠に深刻な問題があるわけではないのだが、ただ、胸のムカツキや吐き気や嘔吐は、その妊婦の心を暗くさせるものなのだ。

ツワリはあくまでも体をアルカリ性にして、酵素水分や天日塩や葉酸を補給してと訴えているだけなので、こういう症状に惑わされず、ツワリの原因を解消させる方策をちゃんと取るべきだろう。

 ②匂いに敏感になる

ツワリを引き起こすようになると、「米の匂い」「タバコの臭い」「アロマの香り」が駄目になる。

白米の匂いに拒絶反応を示すのは当然で、白米は体を酸性化するから、体はどうしても拒絶反応を示して、摂取しないように訴えているのだ。

タバコの臭いも、タバコの煙が体を酸性化するので、拒絶反応を示してしまう。

アロマの香りは以外だろうが、アロマに含まれているアルコールが、酸性化しているので、通常の人間には解らなくても、ツワリを起こしている妊婦は体で気づいてしまうのだ。

③食べ物の好き嫌いが激しくなる

ツワリは要はフルーツと野菜が欲しいといっているので、当然に今までの食事では好き嫌いが激しくなる。

「肉」や「白米」や「白パン」を拒否してしまうのだ。ただ好き嫌いのレベルが限度を超えて、食事では何も食べずに、お菓子ばかり食べるているというのは、危険である。お菓子では充分な栄養を確保できないので、お腹の赤ちゃんの成長に障害が出てくるのだ。

ツワリ自体は妊婦にとっては厭なものでも、ツワリそのものでは胎児に問題がないが、ツワリを放置し「悪性悪阻」になると、胎児に悪影響が出てくる。

ツワリで何度も警告したのに、体が酸性のままで酵素水分も天日塩も葉酸も補給されないから、お腹の中の赤ちゃんの成長になんらかの障害が出てきてしまうのだ。

悪性悪阻と解ると、病院の医者たちはその妊婦を入院させることになるのだが、ツワリも悪性悪阻も決して病気ではないのだ。お腹の赤ちゃんが、「ママの体をアルカリ性にして!」「酵素水分が欲しいよ!」「天日塩がないと羊水を作れないよ!」「葉酸がないと細胞分裂できないよ!」といっているだけなので、入院なんかしないで、一刻も早く自分のお腹の中の赤ちゃんの危機を救ってあげることだ。

●ツワリの応急措置

ツワリが起こった場合、よくあるパターンで、台所に行って、蛇口を捻り水をながら、「オエーッ」と吐き気だけ出て来るのだが、初期の頃は吐き気が出ても、嘔吐はしない。ただ、このいきなりのツワリに多くの妊婦が冷静さを失ってしまい、その後、ツワリを悪化させるという誤った方向を取ってしまうのだ。だから、ツワリが来た時は、まずは「落ち着くこと!」。ツワリで死んだ妊婦は、未だかつて1人もいないのだ。

①手首の内側をマッサージする ツワリが起こった場合、手首の内側をマッサージすることだ。

手首の内側は、腎臓の反射区で、ツワリを引き起こす妊婦は腎臓が弱っているので、この腎臓のツボを刺激すると、物凄くツワリが軽減するのだ。

ツボは反対の手で強く押し、それを右手左手交互に行っていけば、ツワリは非常に軽くなる。ツワリが来たら、すぐさま手首の内側をマッサージするという習慣をつけることだ。

②ツワリが激しい時は、食べ物を食べない ツワリが激しい時は、食事をしたくなくなるのだが、そういう時は、無理して食べ物を食べないことだ。

1食ぬいた所で死にはしないし、お腹の中の赤ちゃんにも影響は出てこない。

食事を食べなければ、排泄することにエネルギーを回せるので、食べずに排泄することによって、体内をアルカリ性に戻すことができるのだ。

③胸式呼吸を盛んに行って、体内の酸素量を増やす ツワリがひと段落した時は、胸式呼吸を盛んに行い、体内の酸素量を増やしてあげることだ。

体内の酸素量が増えると、或る程度まで体がツワリに対応してくれるので、重度のツワリを引き起こすことがなくなるのだ。

胸式呼吸を盛んに行なった後、最後に思いっきり空気を吸って、複式呼吸で充分に酸素を体内に入れてから吐き出すと、精神が落ち着くことになるのだ。これでツワリが起こっても慌てふためくことがなくなるのだ。 妊婦にとってツワリがなぜ深刻になってしまうかというと、今までの人生の中でツワリのような症状を経験していなかったために、精神的に動揺してしまうのだ。酒を飲みすぎて嘔吐したことや、食中毒で嘔吐した経験があるなら、まだ対応できるのだが、そういう経験がないと、どうしても動揺してしまうのだ。だから、深刻になってしまうのだ。それゆえツワリが来た時は、この格言を思い出すべし。 「ツワリで死んだ妊婦は1人もいない」

 ●ツワリ対策

 ①「柑橘類」や「黒酢の酢の物」を食べる

ツワリ対策の基本は、「柑橘類」や「黒酢の酢の物」を食べることである。

特に朝食時に「グレープフルーツ」を食べたり、「レモンジュース」や「カボスジュース」を飲むと、その日1日、ツワリが来ることがなくなる。

酢の物はなるべく夕食時に食べるようにし、お酢は必ず「黒酢」を使うことだ。白い酢では体を充分にアルカリ性に戻してくれないのだ。ツワリの際は黒酢に限るのだ。

②朝食前に「天日塩入り根昆布湯」を飲む

柑橘類や酸の物を食べても解決されないツワリは、天日塩不足である。

こういう場合は、朝起きたら、水を1杯飲み、その後に、天日塩入り根昆布湯を飲むことだ。根昆布湯に天日塩を入れると、根昆布のミネラル成分とともに、天日塩が非常に早く吸収されやすくなるのだ。

③朝食をフルーツ朝食に切り替える

ツワリの際、食欲がない時は、無理して朝食を大量に食べることはない。

そういう時は、穀物類を除去して、フルーツをメインにした食事にすればいいのだ。「リンゴ人参ジュース」「野菜ジュース」「味噌汁」そしてフルーツを食べればいいのだ。これで妊娠に必要な栄養素はきちんと足りるのだ。

人間は本来「果実食動物」であるゆえに、フルーツや野菜は胃を直通して、一気に十二指腸まで行ってくれるので、食欲がなくても、ちゃんと食べられるようにできているのだ。

④食事を変える

ツワリになったら、とにかく食事を変えていくことだ。「白米」「白パン」を避けることだ。

日本人に主食と慣れ親しんできた「白米」こそ、体を酸性化させるのだから、白米を食べなければ、大幅にツワリを防止することができるのだ。

食べていい穀物は、「玄米」「黒パン」「ライ麦パン」「玄ソバ」「オートミール」にすればいい。オートミールはご飯を炊くように炊くと美味しく食べられる。

それから肉食を控えるととも、イモ類を多目に取ることだ。イモ類を食べると、小腸や大腸を活性化させるので、酵素水分や葉酸を吸収しやすくなるのだ。しかも、イモ類はすべてアルカリ性なので、これでツワリが激減していくのだ。「サツマイモ」「サトイモ」「ヤマイモ」「ジャガイモ」、沖縄県なら「タロイモ」をしっかりと食べれば、ツワリを抑え込むことができる。

味噌汁を飲む際は、貝類の味噌汁を飲むことだ。「シジミ」「アサリ」「ハマグリ」の味噌汁を飲むと、腎臓が活性化するので、奇麗な酵素水分を全身に送り届けることができるのだ。

特に妊娠中はシジミの味噌汁を多目に摂取した方がいい。

年中、手頃な値段で手に入るし、妊娠にとって物凄く貢献してくれるのだ。

⑤黒酢紅茶 ツワリ対策のトドメが、「黒酢紅茶」だ。

紅茶は体温を上昇させ、利尿作用があるので、ツワリが起きても悪化することがなくなるし、大量の小便を出すことで、酵素水分でない不要な水分を排出できるのだ。それに黒酢が入ると、体がアルカリ性にしてくれるので、ツワリが激減するのだ。黒酢の匂いがちょっとと言う人は、パルサミコ酢でも可能だ。 黒酢紅茶は、紅茶を入れ、そこに黒酢と黒佐藤を入れれば出来上がり。これを朝食後と昼食後に食後のお茶として飲めばいい。

朝食後は、「イングリッシュブレックファースト」が一番よく、昼食後は自分の好みで選べばいい、「アールグレイ」でも、「オレンジペコ」でもいい。

黒酢紅茶には、利尿作用があるので、黒酢紅茶を飲んだ後は、とにかく動き回ることだ。動き回って、利尿作用を高め、小便をしまくると、不要な水分が捨てられ、体内の酵素水分濃度を高め、それによってツワリを抑え込むことができるのだ。

高橋整体院 高橋総合健康センター

御縁を下さった方に生涯にわたり、最大の応援をさせていただきます。 全員の体液の流れを整え、脳内ホルモンをくまなく必要箇所に届くようにすることで、腰痛肩こり生理痛などの痛みコリは当然、妊活、骨盤調整はもとより、発達障害、自律神経失調症など脳に関する不調までサポートできるようになりました。