ビタミンB群不足では?

もしかしたら、ビタミンB群不足?

  • 口内炎ができやすい
  • アルコールをよく飲む
  • 口角炎ができやすい
  • 舌に溝がある
  • 悪夢をよく見る
  • 音に敏感である
  • 眩しいものが苦手である
  • 寝ても疲れが取れない、とにかく疲れる
  • 集中力が衰えている
  • 記憶力が衰えている

これらの症状があるとビタミンB群の不足があるかもしれません。

ビタミンB群は基本的に、炭水化物、脂肪、タンパク質の代謝に働きます。


体内ビタミンB群が不足する原因

  • 食品の加工・精製・保存でビタミンB群の含有量が低下するが、現代ではこれらの食品を摂る機会が増加している。
  • ストレスや加齢により消化吸収能力が低下する。または、アルコールや薬物の摂取により吸収が阻害される。
  • 糖質の過剰摂取、飲酒、慢性炎症、悪性腫瘍、ストレス等で消費量が増大する。または、妊婦、授乳時には必要量が増大する。
  • 腸内細菌の中にはビタミンB群を生成するものもあるが、腸内細菌のバランスが乱れると合成が低下する。

ビタミンB群不足を解消する方法

  • 腸内細菌のバランスを整える。日本古来からの発酵食品、納豆、味噌、麹などを摂取ることで、腸内細菌のバランスを整える。
  • 糖質の過剰摂取をやめる。妊活中は、できるだけ、糖質を避ける。その分、野菜、海藻、キノコ類、魚、卵、大豆製品などで、ビタミン、ミネラル、アミノ酸を十分に摂取する。
  • アルコールをできるだけ控える。不安などのストレスを常時解消する。
  • 加工、精製した食品をできるだけ避ける。


高橋整体院 高橋総合健康センター

御縁を下さった方に生涯にわたり、最大の応援をさせていただきます。 全員の体液の流れを整え、脳内ホルモンをくまなく必要箇所に届くようにすることで、腰痛肩こり生理痛などの痛みコリは当然、妊活、骨盤調整はもとより、発達障害、自律神経失調症など脳に関する不調までサポートできるようになりました。