発達障害の割合について

香山 リカ. 「発達障害」と言いたがる人たち (SB新書)より

最近の研究では「100人に数人」となっているものが多い が、

調査によって1%から十数% までその数字にもバラつきがある。


2012年の文部科学省の全国調査では

「 通常クラスに在籍する生徒児童の中で発達障害と考えられる生徒児童が約6・5%認められた」

と報告され、世間に衝撃を与えた。



現在は、約1割の生徒が発達障害になっているとされているそうです。

どうして、どんどん発達障害の生徒数が増加しているのでしょうか?

原因を想像すると、

・生活環境

・ワクチンなどの予防接種

・食事内容(添加物、野菜などの栄養素の含有量低下)

・電磁波

・重金属接種

・ミネラル不足

等々、

昭和初期までには少人数または、皆無であったかも知れない発達障害が
なぜ、年々増加しているのでしょうか?


私たちは、より自然に近づくように生活を見直す必要があるのかも知れません。


ただ、

現在、既に発達障害になられている方々にそこから抜け出していただき、笑顔で楽しい生活を過ごしていただきたいです。

高橋整体院 高橋総合健康センター

御縁を下さった方に生涯にわたり、最大の応援をさせていただきます。 全員の体液の流れを整え、脳内ホルモンをくまなく必要箇所に届くようにすることで、腰痛肩こり生理痛などの痛みコリは当然、妊活、骨盤調整はもとより、発達障害、自律神経失調症など脳に関する不調までサポートできるようになりました。